法人情報通信【ISO14001や不正接続防止で企業価値を高める】

システムで簡略化

笑顔の男性

文書管理システムは紙ベースよりも、管理がラクになりますし邪魔にならずに保管できます。さらに、一般の文書とは違う専門分野の業種は、それに対応したシステムがあるので活用すれば業務効率が上がります。

Read More

製造業の要

オフィス

環境保全を考えた運営体制

注目されているISOの中でもとりわけ製造業に関わるのが、ISO14001である環境マネジメントシステム(EMS)です。このISO14001において一番重要視されるポイントとなるのが、PDCAサイクルを回すことであり製造の過程で欠かすことができません。というのも、天然資源をはじめとする原料は、使えば使うほど自然界から姿を消します。今では人工で再現できるものもありますが、天然資源とはまるで性質が異なるので品質面で上回ることが難しいです。
ISO14001の規格は、組織に必要とされる運営体制の骨子を固める上で重要な位置付けにあります。その為、天然資源を扱う上での現状把握からプラン、運用、点検、実行に至るプロセスは、継続的な改善を第一に考えることが有効なのです。

あらゆる軽減が可能

ISO14001の取り組みを実施することのメリットは、あらゆるコスト削減に役立つことが分かっています。例えば、原料となる資源も最小限にとどめて製造に繋げることができますし、それにかかるコストも大幅に削減できます。また、国際規格に則った運営であることを第三者にアピールすることにより、大きな信頼を勝ち取ることも可能でしょう。
独自の環境マネジメントシステムを構築して審査を受けることは容易なことではありません。しかし、その苦労を上回るメリットがあるからこそ、企業が率先して取り組むべき魅力に溢れています。

情報漏えい対策

女性

法人の情報漏えい対策として注目されている不正接続防止は、ソフトウェアのインストールをするだけで利用が可能。これにより、外部からの侵入を防いで機密情報を守る安全な対策を講じることができます。

Read More

サイバー攻撃に対応

パソコンとコーヒー

地方公共団体や大手企業も被害に遭遇している標的型サイバー攻撃は、不正接続検知機能がある情報セキュリティシステムを使うのが得策です。機密情報を守る為に、早めの対策を取っておきましょう。

Read More